フォトレポート:新型ハイブリッドカー&電気自動車をチェック--日産・三菱自動車編

坂本純子(編集部)2009年10月22日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 まもなく、東京モーターショーが10月23日に開幕する。地球温暖化などが問題となる中で、各社とも二酸化炭素(CO2)排出量の少ないハイブリッドカーや電気自動車など、環境に配慮した車を展示の中心にしている。ここでは、日産自動車と、6月に発表した次世代電気自動車「アイ・ミーブ」の新ラインアップがそろう三菱自動車工業の展示カーをフォトレポートでお伝えする。

 日産のブースでは、走行中のCO2を全く出さない“ゼロ・エミッション車”として、2010年度後半にグローバルに販売を予定している「リーフ」を展示。日産 社長兼CEOのカルロス・ゴーン氏は「快適な5人乗りに、フル充電で160km以上の航続距離、さらに胸のすく加速を実現しており、世界初の手頃な価格のゼロ・エミッション車として自動車産業で大きな話題となるだろう」と自信を見せた。

 まもなく、東京モーターショーが10月23日に開幕する。地球温暖化などが問題となる中で、各社とも二酸化炭素(CO2)排出量の少ないハイブリッドカーや電気自動車など、環境に配慮した車を展示の中心にしている。ここでは、日産自動車と、6月に発表した次世代電気自動車「アイ・ミーブ」の新ラインアップがそろう三菱自動車工業の展示カーをフォトレポートでお伝えする。

 日産のブースでは、走行中のCO2を全く出さない“ゼロ・エミッション車”として、2010年度後半にグローバルに販売を予定している「リーフ」を展示。日産 社長兼CEOのカルロス・ゴーン氏は「快適な5人乗りに、フル充電で160km以上の航続距離、さらに胸のすく加速を実現しており、世界初の手頃な価格のゼロ・エミッション車として自動車産業で大きな話題となるだろう」と自信を見せた。

 まもなく、東京モーターショーが10月23日に開幕する。地球温暖化などが問題となる中で、各社とも二酸化炭素(CO2)排出量の少ないハイブリッドカーや電気自動車など、環境に配慮した車を展示の中心にしている。ここでは、日産自動車と、6月に発表した次世代電気自動車「アイ・ミーブ」の新ラインアップがそろう三菱自動車工業の展示カーをフォトレポートでお伝えする。  日産のブースでは、走行中のCO2を全く出さない“ゼロ・エミッション車”として、2010年度後半にグローバルに販売を予定している「リーフ」を展示。日産 社長兼CEOのカルロス・ゴーン氏は「快適な5人乗りに、フル充電で160km以上の航続距離、さらに胸のすく加速を実現しており、世界初の手頃な価格のゼロ・エミッション車として自動車産業で大きな話題となるだろう」と自信を見せた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加