logo

携帯電話から家電を操作できる「ケータイホームシステム」、NTTドコモが開発

松田真理(マイカ)2009年09月24日 18時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月24日、新築住宅向けのホームサーバ「ケータイホームシステム」を開発したと発表した。携帯電話を使って、屋外から自宅のエアコンや照明器具のオン/オフ操作ができるほか、固定電話回線を利用したインターホンの転送、玄関錠の遠隔操作による施錠などが可能だ。

 ケータイホームシステムは、宅内制御装置と家電制御アダプタで構成する。JEM-A端子を搭載した家電に家電制御アダプタを接続し、宅内制御装置とZigBeeによるワイヤレス通信をすることで、遠隔操作が可能になるという。

 対応機種は、903i、703iシリーズ以降のFOMA端末で、他キャリアの携帯電話にも対応する。ただし、NTTドコモの携帯電話に対しては、専用のiアプリを提供する。

 料金は初期費用のみ必要で、月々の料金の支払いは不要とのこと。ただし現時点で、初期費用は未定となっている。

 NTTドコモは2009年冬より、住宅デベロッパーやハウスメーカー企業向けに提供を開始し、新築マンションや戸建住宅への導入を促したい考えだ。

ケータイホームシステム システム構成図(※画像をクリックすると拡大表示します)
宅内制御装置(左)、家電制御アダプタ(右) 宅内制御装置(左)、家電制御アダプタ(右)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]