logo

小作人から地主になれるチャンス--有力デベロッパーが語るSNSオープン化

鳴海淳義(編集部)2009年09月24日 19時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイル業界のキーパーソンが集うイベント「モバイル・ビジネス・サミット 2009」が9月10日から11日まで福岡で行われた。携帯電話事業者やアプリケーションプロバイダーなど約250名が一堂に会し、業界の未来について議論した。

 イベントの幕を開けたのは、ミクシィやディー・エヌ・エーというソーシャルゲームの2大プラットフォームが参加したパネルディスカッションだった。そして最後を飾るセッションには、それらのプラットフォームにアプリケーションを提供するデベロッパーが登壇した。

 「モバイルコンテンツの未来--訊いてみたい7つの質問」と題し、ORSO 代表取締役社長の坂本義親氏、サイバーエージェント アメーバ事業本部 サービスディベロップメントDiv ゼネラルマネージャーの武石幸之助氏、芸者東京エンターテインメント 代表取締役CEOの田中泰生氏がディスカッションした。モデレータはグロービス・キャピタル・パートナーズ プリンシパルの今野穣氏が務めた。

ORSO 代表取締役社長の坂本義親氏ORSO 代表取締役社長の坂本義親氏

 ORSOは携帯電話向けゲームの開発などを手がける会社で、モバゲータウンで配信中のゲーム「釣りゲータウン」も開発した。現在力を入れているのは、ユビキタスエンターテインメントと共同で開発している、Flashをつかったモバイルサイトを手軽に構築、管理できるASPサービス「Odette Solution」だ。坂本氏は会場でデモを紹介した。

 一方、芸者東京エンターテインメントはモバゲータウンのライバル、GREE向けに多くの携帯電話向けゲームを開発してきた。

 9月末にはmixiアプリ向けにもゲームをリリースする予定だ。これにはあの電脳フィギュアを作ったメンバーが7カ月もの時間をかけて取り組んでいるという。田中氏は、「モバイル業界におけるファイナルファンタジー映画版」と例えた。

 そしてサイバーエージェントは、プーペガール、アメーバピグなど、コミュニティサービスのヒット作を、ブログを中心としたブランド「Ameba」上で立て続けに公開。ミクシィ、ディー・エヌ・エーに続く、第3のプラットフォーム提供事業者になり得る位置につけている。このパネルディスカッションに登壇した武石氏は、プーペガールの取締役も兼務している。12月に発売予定のニンテンドーDS向けゲーム「プーペガール DS」の開発中画面を見せてくれた。

 この3社にモバイルコンテンツの未来を占う7つの質問を聞いた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]