logo

グーグル、ディスプレイ広告の取引市場を一般公開へ--米報道

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉2009年09月16日 10時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると、Googleは同社のDoubleClick部門が開発したオンライン広告取引市場の一般公開バージョンを立ち上げる予定だという。

 この「DoubleClick Ad Exchange」は、これまで招待制ベースで特定のパートナー企業に公開されてきたが、米国時間9月21日にニューヨークで開幕する業界イベント「Advertising Week」で正式なデビューを飾ることになる、とClickzが報じた。このアイデアはディスプレイ広告の不用品即売会に少し似ていて、これによりサイト運営者らは、販売できずに余っている広告枠を、格安スペースを探している広告主に提供することが可能になる。

 検索エンジン広告市場におけるGoogleの支配は、これまでテキスト広告がその原動力となってきた。同社は2008年、ディスプレイ広告におけるシェア拡大を目指してDoubleClickの買収を完了させたが、同分野では今日まで競合相手のYahooが優位に立っている。ディスプレイ広告(バナー広告や画像ベースの広告)は、これまで検索テキスト広告ほどの効果をあげていないが、依然として大半のウェブサイトの重要な要素となっている。

 Googleは、DoubleClick Ad Exchangeに関する同社の計画について、Clickzへのコメントを避けた。Advertising Weekでは、GoogleとYahooからいくつか発表があるとみられている。Boomtownによると、Yahooは、同社のウェブサイトネットワークに展開するマーケティングキャンペーンの改訂版を公開するとみられるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]