logo

東芝、業界最大クラス160Gバイトの1.8型HDDを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は9月10日、1枚構成の1.8型HDDとして業界最大クラスとなる記憶容量160Gバイトを実現した「MK1634GAL」を発表した。合わせて120Gバイト「MK1234GAL」、80Gバイト「MK8034GAL」、60Gバイト「MK6034GAL」の3機種もラインアップする。

 磁気ヘッドとディスク磁性層の改良により面記録密度を向上させたとのこと。これにより、MK1634GALおよびMK8034GALは、1.8型HDDとして業界最大クラスの面記録密度を実現しているという。

 全機種ともに独自の静音シーク技術により、シーク時の騒音が従来機種に比べ5デシベル低減しており、動画や音楽の再生中でも、シーク時の音を気にならないという。さらにMK1634GALにおいては、エネルギー消費効率を従来機種と比べて約24%向上している。

 小型HDDは、現在ノートPCだけでなくデジタル家電などさまざまな用途に活用されている。先日同社が発表した640Gバイトの2.5型HDD「MK6465GSX」と同様に、MK1634GALも大容量ニーズに応える製品としてラインアップしたという。

「MK1634GAL」 「MK1634GAL」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]