logo

昭和シェルソーラー、宮崎にCIS太陽電池の第3工場建設へ

加納恵(編集部)2009年09月08日 12時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昭和シェルソーラーは9月7日、宮崎県東諸県郡にCIS太陽電池の第3工場を建設すると発表した。年産規模は900メガワットで2011年の稼働を目指す。

 投資金額は1000億円を予定しており、敷地面積は約40万平米。日立プラズマディスプレイの宮崎工場跡地を使用する。今回の第3工場建設により、昭和シェルソーラーの年産能力は、第1工場(年産20メガワット)、第2工場(年産60メガワット)と合わせ、1ギガワットになるとのことだ。

 昭和シェルソーラーは、昭和シェル石油の100%子会社。Copper(銅)、Indium(インジウム)、Selenium(セレン)を主成分とし、シリコンを使用しない次世代型太陽電池であるCIS太陽電池の生産、開発を手がける。2007年より商業生産を開始した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]