logo

ドコモやノキアなど6社、IMS付加価値サービスの共通仕様を策定

松田真理(マイカ)2009年09月07日 19時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ、Alcatel-Lucent、Ericsson、富士通、NEC、Nokia Siemens Networksの6社は9月7日、IMS(IP Multimedia Subsystem)通信方式のネットワークで付加価値サービスを実現する技術仕様を作成し、実証実験に成功したと発表した。IMS通信とは、IP技術を用いてインスタントメッセージなどのサービスを提供する方式だ。

 6社は8月に、今回の技術仕様にもとづいたネットワークシステムを共同で構築し、実証実験を行った。今回の技術仕様に基づき、IMS通信方式のネットワーク内に画像処理などを施すデータ処理装置を設置すれば、IMSサービスが拡張できるという。具体的には、送信者が送った画像がネットワーク上でモノクロやセピア色に変換できるほか、日本語のメッセージを英語に翻訳して相手に届けるといったことが可能になるという。

 今後6社は、世界中の移動通信事業者などで構成される団体「GSMアソシエーション」内のIMSサービスの仕様を策定する「RCSグループ」において、新たな技術仕様として採用されるよう、活動を進めるとしている。

IMS付加価値サービスの例 IMS付加価値サービスの例
(※画像をクリックすると拡大します)

-PR-企画特集