logo

農作物栽培の体験を通して購買意識を変える--とれいすの家庭菜園コミュニティー「iplant」 - (page 2)

原田和英(アルカーナ)2009年08月31日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iplantの公開は2009年6月。同サービスを運営するとれいすは、農業と食の情報サイト「VeGiee」も運営している。

 このサービスのきっかけをとれいすの代表取締役、春山佳久氏に伺った。春山氏の実家は農家を営んでいた。そこでITによる農業改革の可能性を感じ、農業を中心とした事業展開に至った。iplantには「まず消費者に自分で農作物を生産することで栽培の楽しさや難しさを感じ、野菜を買う時の意識を変えてもらいたい」(春山氏)という思いが込められている。

 今後はモバイルの対応や、消費者の栽培環境に適した野菜のリコメンデーションサービスなどを予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]