logo

NTTドコモ、東大病院と共同で社会連携講座を開設

松田真理(マイカ)2009年08月26日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは8月26日、東京大学医学部附属病院(東大病院)との共同研究による社会連携講座「健康空間情報学」を、9月1日から4年間にわたり東大病院22世紀医療センター内に開設すると発表した。

 社会連携講座は東京大学の講座で、企業との契約に基づいた共同研究経費によって運営されている。健康空間情報学では、携帯電話などのモバイル情報機器を使って個人が自らの健康を管理し、最適な医療を受けられる環境を整備することがテーマとなっている。

 NTTドコモは、分散して保管されている個人の診療データや、自分自身で測定するバイタルデータなどの医療情報を、モバイル情報機器で仮想的に統合するための技術を開発する。また、東大病院は、保有する医療技術、情報システム技術、医療現場の知見から、より高品質な医療情報環境を構築するための実証研究をする。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]