logo

ネット広告費、PC向けはマイクロソフト、モバイルはインフォコムが最大

永井美智子(編集部)2009年08月26日 18時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオリサーチインタラクティブは8月25日、2009年度第1四半期(4月〜6月)におけるインターネット広告出稿の動向調査を発表した。PC向けでは住宅関連情報やソフトウェア、モバイル向けでは電子コミックやゲームなどの広告が最も多かったという。

 この調査は、ビデオリサーチインタラクティブが収集、集計したPCインターネット広告データベースサービス「Web Ads Report Advance」、およびモバイルインターネット広告データベースサービス「Mobile Ads Report」によるもの。

 ビデオリサーチインタラクティブによると、この期間におけるPCインターネットのバナー広告の推定広告費は約442億円。モバイルインターネットのピクチャー広告の推定広告費は約71億円となっている。広告主数は、PC向けが約2400社、約4150銘柄。モバイル向けは約600社、約1000銘柄となっている。なお、ここには自社広告も含まれている。

 自社広告を除いた推定広告費上位の商品種類をみると、PCでは「住宅関連情報」「ソフトウェア」「普通自動車」の順となった。一方、モバイルでは、「書籍・コミック」「趣味・娯楽(携帯電話向けゲームなど)」「着せ替え・待ち受け・文字・デコレーション素材」「音楽関係」といったモバイルコンテンツが上位を占め、この4商品種類合計のシェアは52.2%と過半数に達した。

 企業別に見ると、PC向けではマイクロソフト、ディーエイチシー (DHC)、リクルート、サントリー、本田技研工業の順。モバイルではインフォコム、エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ、Bbmfなど、電子コミックを扱う企業が上位に並んだ。

推定広告費 上位20商品種類 推定広告費 上位20商品種類
推定広告費 上位20社 推定広告費 上位20社

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]