logo

ソーシャルOS「Jolicloud」をプレビュー--ネットブック向けOSの魅力と課題 - (page 2)

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年08月20日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jolicloudでは、アプリケーションは画面全体を使用し、アプリケーション間を行ったり来たり切り替えることができるよう設計されている。開いているアプリケーションはトップメニューバーに表示され、それをクリックするだけでアプリケーションの切り替えができる。Alt+Tabキーも使える。

 大変興味深いことに、ダウンロードしたアプリケーションはディレクトリ画面から起動するわけではなく、シンプルな3ペインメニューに格納されている。このメニューにはいつでも戻ることができる。この方法によって、アプリケーションはJolicloudディレクトリでのカテゴリによって常に整理されることになるが、WindowsやMacでスタートボタンやクイック起動メニュー、「Dock」に慣れているユーザーには、ちょっと嫌な点だ。

 Jolicloudの大きな魅力の1つに、インストールされているアプリケーションのリストをバックアップする点がある。同じアカウントでJolicloudを実行するコンピュータが複数ある場合、これらのアプリケーションが、ログインデータや共有データを含め、同期される。これによって、どのハードウェアを使用しているかは重要ではなくなり、マシンからマシンに移動して、別のマシンでしていたことをすぐに続けることができる。

 先に述べたように、Jolicloudを使用すると、ユーザー同士で友人になったり、グループに参加したりすることができる。これは、常に新しいアプリケーションを知らされることを意味する。多くのユーザーにとって、少し気味の悪い話かもしれない。

 筆者の友人に見せたところ、最初の質問は、「勤務中であるはずの時間に自分が何のビデオを見ていたかを、みんなに知られるということなのか」だった。幸いそうではない。今のところ、友人がどのアプリケーションを追加または削除しているかを表示することに限定されており、そのアプリケーションで何をしているかは表示されない。しかし、ソーシャルゲームサイトKongregate、ソーシャルネットワークFacebookやTwitterといった、他者と情報を共有するアプリケーションでは、それも変わってくるだろう。

Jolicloudユーザーはお互いに友人となり、どのアプリケーションがインストールされたのか目を配ることができる。 Jolicloudユーザーはお互いに友人となり、どのアプリケーションがインストールされたのか目を配ることができる。
提供:CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]