logo

パナソニック、コンパクトデジカメ「LUMIXシリーズ」の新製品4機種を発売

エースラッシュ2009年07月28日 20時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは7月28日、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX」シリーズにおいて、新製品4機種を発表した。8月21日に発売する。価格はオープン。

 発売されるのは「DMC-FX60」「DMC-ZX1」「DMC-FP8」「DMC-FZ38」の4機種で、いずれも最新の手ブレ補正機能「POWER O.I.S.」および強化したレスポンス機能が採用されている。記録メディアは、内蔵メモリのほか、SD/SDHCカードに対応している。

  • 「DMC-FX60」

 個別の特徴として、まずDMC-FX60は「夜景」の自動判別が可能になった新しい「おまかせiAモード」や、広角25mmからの光学5倍ズームを搭載した1210万画素モデル。カラーはラベンダーブルー、リュクスゴールド、スイートピンク、プレシャスシルバー、ノーブルバイオレットの5種類が用意されている。店頭想定価格は3万8000円前後となる。

  • 「DMC-ZX1」

 DMC-ZX1は、既発売の「DMC-FX40」と同等のコンパクトボディに広角25mmからの光学8倍ズームを搭載したモデルだ。有効画素数は1210万画素で、手軽に旅行情報を入力できるトラベルモード、簡単にパノラマ写真が作れるパノラマアシスト(シーンモード)などを採用。カラーはブラック、シルバー、レッド、ホワイトの4種類となっている。店頭想定価格は4万円前後となる。

  • 「DMC-FP8」

 DMC-FP8は、スタイリッシュなフラットデザインを採用した1210万画素モデル。キーボタン内部にLEDを採用することで、機能や効果を視覚的に分かりやすく表現している。広角28mmからの光学4.6倍ズームや2.7型液晶、パノラマアシスト(シーンモード)などを搭載。カラーはブラック、ゴールド、シルバー、レッドの4種類だ。店頭想定価格は3万5000円前後となる。

  • 「DMC-FZ38」

 DMC-FZ38は、1280×720ドットのハイビジョン画質で録画できる「AVCHD Lite」動画撮影機能に加えて、広角27mmからの光学18倍ズームレンズを搭載した1210万画素モデル。独立式の動画RECボタンにより即座に録画スタートできるほか、動画撮影時のズームも可能だ。こちらも「夜景」の自動判別が可能な「おまかせiAモード」を搭載。カラーはブラックのみとなっている。店頭想定価格は5万5000円前後となる。

-PR-企画特集