logo

再注目される「Google Chrome」のセキュリティ--「Chrome OS」を支える技術を探る - (page 4)

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年07月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IE 8では、クロスサイトスクリプティングのような攻撃からユーザーを保護する防御メカニズムが用意されているとWood氏は言う。

 Googleもクロスサイトスクリプティングに対する防御機能を評価中だが、「標準に準拠しており、サイトを壊すものでないことを十分に確認しなければならない」とFette氏は述べている。

 IEでは、ユーザーがJavaScriptを無効にすることもできる。ChromeではJavaScriptを無効にはできないが、サンドボックス化される。

 「JavaScriptをオフにすると、銀行のサイトでナビゲーションがオフになってしまう」か、サイトが使えなくなってしまう可能性があるため、「現実的なオプションではないと考え、オフにする機能は提供していない」とFette氏は述べている。

 そのほかに悪用の標的になりやすい「Adobe Flash」と「Adobe Reader」は、Chromeではサンドボックス化されていない。サンドボックス化すると自動更新やそのほかの機能で問題が発生したためだとFette氏は言う。「サンドボックスは万能薬ではない」(Fette氏)

2つのブラウザを使うという処方箋

 WhiteHat Securityの最高技術責任者(CTO)であり共同創業者であるJeremiah Grossman氏は、安全性を最大限に高めるために2つのブラウザを使用することを提案している。これは、「気ままなウェブサーフィン」にはChromeを、電子メールのチェックやオンラインバンキングなどの重要な作業にはNoScriptプラグインを導入したFirefoxを使用する、というものだ。

 この提案に対するコメントをFette氏に求めたところ、Chromeのタブはそれぞれ別々のプロセスであるため、2つのブラウザを使用する場合と同等の保護が得られると同氏は回答した。

 Wood氏は最後に、Chromeはパスワード管理機能を強化すべきだと指摘する。ほかにこの点でより優れたブラウザはないが、Googleが全体の水準を引き上げるべきだと同氏は言う。

 「パスワード管理には本当の意味でのセキュリティは存在していない。すべてのパスワードをクリアテキストで開いて見ることができてしまう。ブラウザには優れたパスワード管理機能が必要だ。人々はインターネット上のすべてのサイトのすべてのパスワードを覚えることはできない」(Wood氏)

 これに対しFette氏は、コンピュータへアクセスできる人であればそれだけで、例えばユーザーがキーボードで入力する文字を監視するキーロガーをインストールするなど、大きな損害を与える行為を実行できるとしている。

 「Chromeが登場して、FirefoxとIEの競争心に火を付けた。Chromeは多くの技術革新を後押しし、その多くはセキュリティと全般的な使いやすさに関するものだった。われわれはよりセキュリティを強化したブラウザの時代へと移行しようとしている。その多くが、ウェブ上に存在する脅威について人々に理解してもらうことと関係している」(Wood氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]