logo

総務省の“自治体クラウド”開発実証事業、全国の都道府県から提案を募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は7月24日、地方公共団体の業務ネットワークにクラウドコンピューティング技術を組み合わせた各種業務システムを構築する“自治体クラウド”の開発実証事業における委託提案の募集を開始した。

 自治体クラウドとは、総合行政ネットワーク(LGWAN)に接続された都道府県域データセンターと、ASP・SaaS事業者のサービスを組み合わせて、共同利用用途の各種業務システム等を構築し、地方公共団体が低廉かつ効率的に利用できる環境を整備するもの。今回の募集では、全国の都道府県から同事業に関する具体的な提案を求める。

 具体的な委託事業の内容は、(1)各都道府県内市区町村が共同利用可能な業務サービスの提供、(2)都道府県域データセンターシステム整備、(3)他の都道府県域データセンターとの連携実証・評価――の3点。8月11日までの間、提案書を受け付ける。

 同事業の委託費用は、1都道府県につき最高4億5000万円。募集締め切り後、応募団体にヒアリングを実施するなどし、8月下旬までに選定する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]