logo

三菱電機、2ステップで録再操作OKの「REAL ブルーレイDVR-BZ130」

加納恵(編集部)2009年07月21日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は7月21日、Blu-ray Discレコーダー「REAL ブルーレイ」の新機種として「DVR-BZ130」を発表した。「録画予約」「再生」など使用頻度の高い機能の操作性を考慮し、新リモコンを採用した。発売は8月1日から。価格はオープンだが、店頭想定価格は12万円前後となる。

リビング・デジタルメディア事業本部家電事業部長の田代正登氏 リビング・デジタルメディア
事業本部家電事業部長
田代正登氏

 リビング・デジタルメディア事業本部家電事業部長の田代正登氏は「地上デジタル放送への移行やエコポイント制度などにより、デジタルAV機器市場の需要は加速している。Blu-ray Discレコーダーも、今後かなりの台数が伸びてくるだろう。こうした需要増を背景に、初心者や高齢者でも使えるユニ&エコな商品を投入する」と開発背景を話した。

 DVR-BZ130は320GバイトのHDDとBlu-ray Discレコーダーを内蔵したハイブリッドレコーダー。地上、BS、110度CSデジタルチューナーを2系統備え、HDDへのフルハイビジョン映像5.5倍長時間録画やDVDへのフルハイビジョン記録に対応する。

 最大の特徴となる新型リモコンは「予約する」「見る」という2つの操作をしやすいよう、大型のボタンを配置。それら機能に関連した操作ボタンを隣接配置するなど、ステップ数を少なくしたことが特徴だ。再生、録画予約ともに2ステップで操作が完了するという。

 また、予約録画した番組の番組部分、もしくはCM部分のみを自動で再生できる「オートカットi」や、スポーツや音楽番組の見所だけを自動で再生できる「見どころ再生」機能など、独自の再生機能を継承している。さらに新機能として、番組部分とCM部分の切り替わりなどのシーンを7画面まで表示する「シーン検索」を初搭載。見たいシーンを画像から探すことができる。

 本体にはSDカードスロットとUSB端子を搭載。デジタルカメラ画像やAVCHD方式のビデオカメラなどを接続して視聴することも可能だ。

  • 「REAL ブルーレイDVR-BZ130」

  • 新型リモコン

  • 従来リモコンと新型リモコンの比較

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]