logo

マイクロソフト、「Office 2008 for Mac」のSP2をリリース

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2009年07月21日 06時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月20日、「Office 2008 for Mac」のService Pack 2(SP2)をリリースすることを明らかにした。

 無料のアップデートとなるSP2は、Microsoftのウェブサイトから20日午後(米国時間)に提供が開始される予定で、スピードと安定性の向上、「SharePoint」サーバやMicrosoftの「Office Live Workspaces」への接続といった新機能の追加が特長となっている。

 同社シニアプロダクトマネージャーのMike Tedesco氏は、「新たなSP2のリリースにより、重要な顧客からのリクエストに応じる中間的なアップグレードの提供に加え、Macユーザー向けにMicrosoftのソフトウェアとサービスをセット提供する、初の一歩を踏み出すことになる。SP2で実現する接続サービスは、同僚、顧客、クラスメートとのコラボレーションを容易にしたり、ファイル共有を進めたりできるMicrosoftのサービスへと、Macユーザーに新たな扉を開くことになるだろう」との声明を発表した。

 SP2へのアップデートにより、Mac Officeのユーザーは、Office Live Workspacesへのドキュメントの保存も可能となる。また、新たにOffice Live Workspacesが、Firefoxに加えて、Safari 4にも対応し、Macのブラウザサポートを拡大している。

 Microsoftは、Office for Macの次期版のメジャーリリースに関しては、何ら詳細な情報を提供していないものの、ある関係者は「次期版の開発が順調に進められており、標準的な2〜3年のリリースサイクルを踏襲することになるだろう」と語っている。

 Office 2008 for Macは、2008年1月に発売された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]