logo

違法着うたサイト「着うたキングダム」、運営会社社長ら2名が逮捕

永井美智子(編集部)2009年07月14日 14時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 岡山県警察本部生活環境課、生活安全企画課、岡山西警察署は7月13日、権利者に無断で携帯電話向けの音楽ファイルを送信可能な状態にしていたとして、ウインズコミュニケーションズ取締役会長の藤井功年容疑者と、代表取締役社長の隅川雅樹容疑者の2名を著作隣接権侵害の容疑で逮捕した。

 調べによると、この2人は共謀のうえ、岡山市内に設置されたサーバに「着うたキングダム」という名称のモバイルサイトを開設。エピックレコードジャパンとエイベックス・エンタテインメントが権利を持つ音楽ファイルを無断でアップロードし、不特定多数がダウンロードできる状態にしていたという。着うたキングダムではこれまでにのべ95万4000曲がダウンロードされていたとのこと。

 着うたキングダムは会員制サイトで、ユーザーは友人を紹介したり、広告をクリックしたりしてポイントを貯め、音楽ファイルをダウンロードするようになっていた。警察の調べでは、2人は着うたキングダムに音楽ファイルを自動的にアップロードするシステムも管理、運営していたという。

 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)によれば、携帯電話向けの音楽配信サイトを管理、運営する法人が摘発されたのは初めてとのことだ。

-PR-企画特集