logo

アップル、中国でWi-Fi機能抜き「iPhone」を発売か

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子2009年07月14日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Wi-Fi機能を持つ「iPhone」を中国で販売する許可を求めて、Appleは中国政府と厳しい戦いを続けていたが、この種の交渉でAppleが初めて譲歩した可能性がある。

 Appleと中国の工業情報化部との間で延々と続いていた議論は、終息しつつあるようだ。BusinessWeekの報道によると、Appleは、Wi-Fi機能を外したiPhoneを販売することが可能になるネットワークアクセスライセンスを申請しているという。

 いつものように、AppleはiPhoneをめぐる中国政府との交渉でも強硬な姿勢を見せていたようだ。しかし、中国政府もAppleと同じく強硬な態度を取り、Wi-Fi機能を持つ携帯電話をAppleが中国で販売することを認めなかった。

 AppleInsiderは、iPhoneの承認手続きにかかる時間は4カ月から6カ月ほどで、遅くとも2010年1月までにiPhoneが発売される可能性があると推測している。

 周知のとおり、iPhoneは正式販売されていない多くの国々でも使われており、中国も例外ではない。iPhoneは、ロックを解除すれば互換性のあるどのネットワークでも使用できるため、世界中で人気を博している。

 オフィシャルキャリアは、中国企業の中国聯通(China Unicom)になると見られ、これによってAppleは、成長の可能性を秘める巨大市場でiPhoneを販売できることになりそうだ。Wi-Fi機能を持たないことがiPhoneの人気にどのような影響を与えるかは不明だが、譲歩する価値があるとAppleが判断したことは間違いない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]