logo

任天堂と日経新聞、DSソフトを共同開発--経済テストなどを出題

永井美智子(編集部)2009年07月09日 06時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂と日本経済新聞社は7月8日、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズ専用ソフトを共同開発したと発表した。日経が経済に関係するコンテンツを提供し、任天堂がソフト開発を担当した。

 タイトル名は「日本経済新聞社監修 知らないままでは損をする『モノやお金のしくみ』DS」。8月27日に3800円で発売する。図や表を見ながら二択問題や数字問題を答えるというもので、日経が2008年秋から始めた検定試験「日経TEST」の問題も出題される。

 協業の狙いについて両社は、「任天堂は、ニンテンドーDSの顧客に経済という新しいテーマを届けられる。日経はゲームに親しんでいる学生や若いビジネスパーソンなどに経済への関心を強めてもらうことで、読者開拓などにもつながると期待している」とコメントしている。

日本経済新聞社監修 知らないままでは損をする『モノやお金のしくみ』DS ゲームの画面。時事問題などに答えるもの(左)や数字について考えるもの(中央)、日経TEST(右)などがある

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]