logo

NECがソリューション事業を再編、営業をNECとNECネクサに集約へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは国内の営業力を強化するため、グループ内のソリューション事業体制を10月1日をめどに再編する。グループ内の各社で持っていた東名阪地域の中堅市場向け営業機能をNECネクサソリューションズへ統合。また、大手市場向け営業機能や東名阪以外の地域の全営業機能をNECに統合する。

 これまでソリューション事業は、NEC、NECネクサソリューションズ、NECトータルインテグレーションサービス(NTIS)、NECソフト、NECシステムテクノロジー、NECソフトウェア北海道、NECソフトウェア東北、NECソフトウェア北陸、NECソフトウェア中部、NECソフトウェア九州、NECソフト沖縄がそれぞれ営業機能を持っていた。これを、顧客企業の特性に応じて再編、統合する。

 NECネクサソリューションズは中堅市場向けソリューション・サービスインテグレーターという位置づけになり、短期間・低コストのシステム導入が求められる中堅市場向けに、基幹ERPパッケージ「EXPLANNERシリーズ」などを販売する。システムインテグレーション案件については、自社のシステムエンジニアによる自己完結型の対応に切り替える。

 大手市場はNECが担当。NECの営業ビジネスユニットに各社から約500名の営業要員を加え、営業品質の強化、新規案件や新規顧客の開拓などを進める。

 また、東名阪以外の地域では、NECネクサソリューションズやNECソフトなどグループ各社の営業機能をNECの各支社に移管、統合する。これにより地域の受付窓口を一本化し、ソリューション事業を拡大する。

 今回の再編に伴い、NTISは9月末までに営業やシステムインテグレーションなどの全機能をNECとNECネクサソリュ−ションズに移管する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]