logo

「iPhone 3GS」がトップ--米消費者団体のスマートフォン対決

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一2009年07月03日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国の非営利消費者団体Consumers Unionが発行する「Consumer Reports」の最新スマートフォン対決で、Appleが先ごろ発売した「iPhone 3GS」が勝利した。

 Consumer Reportsは米国時間7月1日のブログで、iPhone 3GSをスマートフォンのリストでトップに位置づけ、「上質なディスプレイ、強化された最高のマルチメディア、ナビゲーション、ウェブブラウジング、バッテリ持続時間」を称賛している。ただし、iPhoneはすべてのカテゴリで勝利したわけではない。

 メッセージング機能については「Palm Pre」と「BlackBerry」に高い評価が与えられている。またPalm Preは、「複数アプリケーションをトランプのカードのように扱える操作性」から、「優れたマルチタスク機」として称えられている。

 スマートフォン分野における機能とニーズの変化を踏まえ、Consumer Reportsは2009年のスマートフォン対決を実施するにあたって基準を一部変更した。この変更は、「iPhone 3G」など一部の旧機種のランクを上昇させたが、「Samsung Blackjack II」や「BlackBerry Pearl Flip」など、変更がランキングを下げる方向に作用した機種もある。

 今回の変更では、ディスプレイ、ナビゲーション、マルチメディア、メッセージングなどが重視され、通話時間、音声の質などは重み付けが減らされている。

 もしもテストの段階でマルチメディアメッセージングサービス(MMS)がAT&Tから提供されていたらiPhone 3GSがどのように評価されたか、という点は定かでない。AT&Tは2009年の夏中にMMS機能を提供するとしている。

 Consumer Reportsの購読者はレポートの完全版を入手できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集