携帯電話の出荷台数が4割減に--2009年第1四半期の国内市場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは6月23日、2009年第1四半期(1月〜3月)の国内携帯電話市場の実績および今後の見通しを発表した。出荷台数が前年同期比40.1%減と大幅に下がり、過去最低の下げ幅となった。

 同四半期の出荷台数は830万台。6四半期連続で前年同期を下回っている。

 市場が急速に縮小した主要因として、IDC Japanは、(1)技術面で市場を牽引するようなインパクトのある上位端末が不足していること、(2)通信事業者側の在庫問題によるマイナス影響、(3)景気低迷により端末販売台数の落ち込みに歯止めがかからないこと、の3点を挙げている。

 端末ベンダー別出荷台数シェアでは、前四半期と同様に1位がシャープ(シェア21.3%)、2位がパナソニック モバイルコミュニケーションズ(19.8%)となった。シャープは12四半期連続でトップシェアとなった。

 3位には高齢者向け端末「らくらくホン」と、NTTドコモのFOMA上位機種で善戦している富士通が入った。また、5位にはカシオ日立モバイルコミュニケーションズがつけた。デジタルカメラやワンセグ機能を強化した端末が安定して売れたことが要因とIDC Japanでは分析している。

 また、IDC JapanのPC 携帯電話&クライアントソリューションのシニアアナリストである木村融人氏は2009年の見通しに関して、「2009年第2四半期はマイナス傾向に若干の歯止めがかかる可能性もあるが、基本的には厳しい出荷状況が続くで。成長率ベースでの回復は、2009年第3四半期以降になる可能性が高い」とコメントしている。

090623_idc.gif 2009年第1四半期の端末ベンダー別出荷台数シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加