logo

WWDC会場にバナーが出現--iPhoneおよびApp Storeの新発表を示唆か

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2009年06月04日 06時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、米国時間6月8日午前に幕を開けるWorldwide Developer Conference(WWDC)への期待が高まる、サンフランシスコのモスコーンセンター会場の装飾を開始した。

 これまでと同じく、会場にバナーが掲載されるやいなや、Appleが発表する内容を予測する、激しい情報戦が展開されることになった。2009年のWWDCのバナーは「WWDC:One year later. Light-years ahead.(1年後。はるかに先を行く)」というものである。いまや多くの人々が、このフレーズの意味するものを調査して、バナー上に登場する、あらゆる写真の分析を進めており、新発表の何らかの手がかりをつかもうとしている。

 バナーのフレーズそのものや、すべてのバナー上のアプリケーションアイコンが示唆しているのは、今回のWWDCで中心的な存在となるのが、App Storeと、iPhone OS 3.0の新機能であるだろうという点だ。Appleは、この点を、太平洋夏時間8日午前10時よりスタートする、WWDCの基調講演に関するアナウンスでも強調した。最新版にアップデートされたiPhone OSに加え、次期Mac OS Xである「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」に関する詳細も、講演のトピックとなるだろう。そして、当然ながら、iPhoneの新モデルの発表が近づいているという兆候も表れてきた。

 iPhone Blogは、App Storeが立ち上げられたのは2008年7月であり、2008年6月初めのWWDC開催時ではなかったことに着目し、厳密に言うならば、今回のタイミングは「One year later」というフレーズには当てはまらないと指摘している。一方、Gizmodoは、「Light-years ahead」というフレーズは、まもなく発売されることになる、他の対抗するスマートフォン製品群との鋭い比較であり、とりわけWWDCの2日前に販売が開始される「Palm Pre」を狙ったものであるとの分析を掲載した。

 TUAWは、「1年(year)という単位が、時間的な要素に注目しているのに対し、1光年(light year)という単位は、距離的な要素に重きを置いている」と記した。もちろん、かつてAppleが用いた「Think Different」というスローガンを覚えている人であれば、Appleのスローガンは、必ずしも伝統的な文法規則に束縛されることはないことを知っている。

 いずれにせよ、すべての謎は、8日の基調講演が終わるまでに解かれることとなり、その様子は、ライブカバレッジでお届けする予定である。

WWDC会場に掲載されたバナーの画像 提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集