mixi、モバゲー、GREE、青少年のSNSトラブル防止で協力--年齢別に利用制限

永井美智子(編集部)2009年06月01日 15時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を運営するグリー、ディー・エヌ・エー(DeNA)、ミクシィの3社は6月1日、各社が運営する「GREE」「モバゲータウン」「mixi」において青少年利用者を保護するために協力すると発表した。

 主な取り組みは以下の4つ。

  • 青少年の健全育成、犯罪・トラブル防止のためのサイト管理・対応の強化・徹底
  • 年齢確認の確実性を高めるための取組みの実施
  • 年齢に応じた利用制限・利用領域の設定
  • 各種啓発活動の強化

 3社は今後、情報共有をしながら、利用規約の禁止事項に該当する投稿を削除するなどの対応を強化する。また、実効性のあるサイトパトロールのあり方について、関係官公庁や弁護士、有識者などの助言を仰ぐという。携帯電話事業者などの意見をもとに、実効性の高い年齢認証制度を構築することも検討する。

 このほか3社は、それぞれ利用者の年齢に応じて利用できる機能や領域に制限を設けることでも合意した。具体的に、まずGREEは18歳未満のユーザーが18歳以上のユーザーとメールを送受信したり、非公開コミュニティへ参加したりするのを禁止する。さらに、18歳以上のユーザーがサイト内を検索した場合、18歳未満のユーザーが検索結果から除外されるようにする。

 mixiは携帯電話事業者のフィルタリングサービスを活用して、青少年ユーザーを識別する。18歳未満のユーザーはコミュニティや友人検索の利用が制限されるほか、青少年にふさわしくない一部のレビューや広告が表示されなくなる。

 このほか3社はサイト上において、青少年インターネット環境整備法や出会い系サイト規制法などについて啓発し、青少年がサイトを通じて犯罪に巻き込まれるのを防ぐとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加