ビッグローブ、ウェブサイトのクリッピング・共有サービス「SimplyBox」と提携--日本語版を展開

岩本有平(編集部)2009年05月19日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECビッグローブ(ビッグローブ)は5月19日、ウェブサイトのクリッピング・共有サービス「SimplyBox」を提供する米SimplyBoxと提携し、日本語版SimplyBoxの提供を開始した。あわせて日本語版のSimplyBox紹介ページも公開している。

 SimplyBoxはウェブサイトのクリッピングサービス。ユーザー登録を行い、ブラウザにプラグインをインストールすれば無償で利用できる。このサービスを利用することで、閲覧サイトの一部または全部をスクリーンショットとして切り出し、コメントをつけてクリッピングできる。

 クリッピングした内容の保存先は「テーマBOX」と呼ばれる。クリッピングした際、ブラウザ下部にテーマBOXが表示されるので、クリッピングした内容をドラッグアンドドロップすれば保存が完了する。テーマBOXは複数作成でき、それぞれのBOXごとに「ユーザー以外には非公開」「ユーザーが招待したメンバー限定での公開」「ウェブ全体への公開」といった設定ができるため、個人的な情報収集ツールから、多人数での情報共有まで幅広い利用ができる。なお、テーマボックスではリスト表示やグリッド表示など、3つのパターンからクリッピング内容の表示方法を選択できる。

SimplyBox 「SimplyBox」でクリッピングを実行したところ。サイトがマスキングされ、切り出した部分だけが通常どおりに表示される。画面下部の「テーマBOX」にドラッグアンドドロップすれば保存が完了する

 SmiplyBoxはまた、ミニブログサービスTwitterやソーシャルブックマークサービスのdelicious、クリッピングサービスのTumblrとも連携しており、SimplyBoxでのクリッピングと同時に各サービスへの投稿が可能だ。

クリッピングの内容の表示 クリッピングの内容は上記画像の「グリッド表示」など3種類を用意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加