どこでも拝める「南無阿弥陀仏ケータイ」--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 5)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デュアルカメラにデュアルメモリ!大手メーカーに負けないぞ

 このODIN 99は他社のケータイにはない高度な機能も備えている。まずはカメラ。本体前面を見るとわかるように、右上部分にもカメラが備わっている。すなわち背面と前面のデュアルカメラ搭載なのだ。W-CDMAケータイは前面にTV電話用カメラを備えているものが多いが、大手メーカー品でも通常前面カメラはVGA画質。ところがODIN 99は前面も背面もどちらも画質はメガピクセル。すなわち前でも後ろでも高画質な写真を撮影することができるのだ。

 また本体の左右側面の上部を見てみると、「A」「B」という刻印とともにゴムカバーがある。これ、なんとデュアルメモリスロットなのだ。左側がメモリカードA、右側がメモリカードBとなり、2枚のmicorSDカードを利用できる。音楽やビデオを大量に保存しておくこともできそうだ。ただし同時利用は不可で切り替えて利用するのがちょっと残念。

 メーカーのODIN(奥丁)はもちろんマイナーなメーカーである。同社は他にも多数のケータイを製造しているが、弱小メーカーゆえに大手メーカーそっくりなコピー系デザインの製品もあるようだ。しかしこうやって特殊な機能を搭載した製品を開発しながら、真剣に他社との差別化も模索しているわけだ。今回のように「仏教」にターゲットを絞ったケータイだって、大手メーカーは出せない、まさしくトンデモケータイメーカーならではの製品であるわけだ。

前面にもカメラがある。しかもメガピクセルだ 前面にもカメラがある。しかもメガピクセルだ(※画像をクリックすると拡大します)
本体の左右にはメモリカードスロット。すなわちデュアルメモリ対応なのである 本体の左右にはメモリカードスロット。すなわちデュアルメモリ対応なのである(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]