logo

フォトレポート:ユーモア盛り込むインテルの最新広告キャンペーン - 6/6

文:Natalie Weinstein(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年05月12日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Intelの最もよく知られたマーケティングキャンペーンは、1990年代から開始された「Intel inside」である。新しいスローガンはより広範な、「Sponsors of Tomorrow」となっている。このキャンペーンは米国と英国、ドイツで開始され、その後、そのほかの24カ国にも拡大される予定となっている。

 しかし、Intelは、この不況のなかユーモアのあるマーケティングに資金を投入して何をするつもりなのだろうか。確かに、共同創業者のGordon Moore氏はいつも、困難な経済状況時には資金を投入するよう鼓舞していたという。Intelのコーポーレートマーケティング担当バイスプレジデントであるDeborah Conrad氏は、「Moore氏の全体的な考えは、不況時に投資すれば、不況から抜け出したときには、後退ではなく、指導的な地位に立つことができるというものだ」とNew York Timesに述べている。
Scroll Right Scroll Left

 Intelの最もよく知られたマーケティングキャンペーンは、1990年代から開始された「Intel inside」である。新しいスローガンはより広範な、「Sponsors of Tomorrow」となっている。このキャンペーンは米国と英国、ドイツで開始され、その後、そのほかの24カ国にも拡大される予定となっている。

 しかし、Intelは、この不況のなかユーモアのあるマーケティングに資金を投入して何をするつもりなのだろうか。確かに、共同創業者のGordon Moore氏はいつも、困難な経済状況時には資金を投入するよう鼓舞していたという。Intelのコーポーレートマーケティング担当バイスプレジデントであるDeborah Conrad氏は、「Moore氏の全体的な考えは、不況時に投資すれば、不況から抜け出したときには、後退ではなく、指導的な地位に立つことができるというものだ」とNew York Timesに述べている。

提供:Intel

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]