logo

フォトレポート:ユーモア盛り込むインテルの最新広告キャンペーン

文:Natalie Weinstein(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年05月12日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Intelは米国時間5月11日、多大の資金を投入したマーケティングキャンペーンを開始した。チップなど特定の製品にフォーカスを当ててきたこれまでのキャンペーンとは異なり、今回は全体としてブランドにスポットライトを当てている。

 この3年かけて実施されるキャンペーンは、冗談を盛り込んだアプローチを取っており、Intelの社風に対する社内関係者の見方を提供することで自社を売り込んでいる。

 例えば、このロックスター広告は、オタク(nerd)はクールだ、という、アプローチを取っている。
Scroll Right Scroll Left

 Intelは米国時間5月11日、多大の資金を投入したマーケティングキャンペーンを開始した。チップなど特定の製品にフォーカスを当ててきたこれまでのキャンペーンとは異なり、今回は全体としてブランドにスポットライトを当てている。

 この3年かけて実施されるキャンペーンは、冗談を盛り込んだアプローチを取っており、Intelの社風に対する社内関係者の見方を提供することで自社を売り込んでいる。

 例えば、このロックスター広告は、オタク(nerd)はクールだ、という、アプローチを取っている。

提供:Intel

 Intelは米国時間5月11日、多大の資金を投入したマーケティングキャンペーンを開始した。チップなど特定の製品にフォーカスを当ててきたこれまでのキャンペーンとは異なり、今回は全体としてブランドにスポットライトを当てている。  この3年かけて実施されるキャンペーンは、冗談を盛り込んだアプローチを取っており、Intelの社風に対する社内関係者の見方を提供することで自社を売り込んでいる。  例えば、このロックスター広告は、オタク(nerd)はクールだ、という、アプローチを取っている。

-PR-企画特集