グーグルCEO、YouTubeへの課金システム導入を示唆

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年04月17日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeは今のところ、広告を収入源とする無償サービスだが、Googleは、何らかの支払いメカニズムを同動画配信サイトに組み込むことを計画している。

 Google最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏は米国社内4月16日、「収益化に関して、最優先するのは広告だ。長期的には、少額決済や他のサブスクリプションモデルの形態などが出てくることも、もちろん期待している」と同社第1四半期の決算報告で述べた。「その分野に関しては、追加の発表を文字通り間もなく行うだろう」(Schmidt氏)

 この戦術的な変更は、YouTubeの収益化に関するGoogleの取り組みが新時代に入ることを示す。同サービスは、非常に人気があると同時に、非常な運営費を必要とする事業である。Googleは数カ月におよび、ビデオ共有で儲けを生み出す仕組みを考え出そうと取り組んできた。

 Schmidt氏の発言は、GoogleがSony Picturesと長編映画の配信で合意し、プロの手によるコンテンツを揃えたセクションをYouTubeに設けることを発表した場において行われた。

 Googleは映像製作側と難しい関係にあったが、それも変化しつつある、とSchmidt氏は述べた。「小規模、中規模、そして、大規模なスタジオとの間においても、より良い進展が見られている」(Schmidt氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加