logo

2009年は検索、モバイルに注力--日本版Twitterまもなく1周年

鳴海淳義(編集部)2009年04月07日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミニブログサービス「Twitter」の日本版がまもなく1周年を迎える。日本語PC版のTwitterウェブサイトのページビューは1年で約4倍に成長し、2009年3月は月間約2300万。ユニークユーザーは月間40万人にのぼる。

 Nielsen Onlineによれば、米国では2009年2月の時点でTwitter利用者が前年同月比13.8倍に増え、約700万人が日常的に利用しているという。ローンチして以来の第2次ブームと言われるほどの好調ぶりだ。

 そのような中、GoogleがTwitterの買収に関する話し合いで最終段階にあるとTechCrunchが報じた。Twitter共同設立者Biz Stone氏は「われわれの目標は、利益性のある独立した企業を作ること」とコメント。Twitterに出資し、日本版サービスを手がけるDGインキュベーションも、「日本としてはそういった(買収に関する話し合いがあるという)事実は把握していない」としている。

 なぜいま、Twitterがユーザー、あるいは企業からも人気を集めているのだろうか。

DGインキュベーションの枝氏DGインキュベーションの枝洋樹氏

 DGインキュベーションの枝洋樹氏は、「Twitterはすぐに使って楽しめるサービスではないため、ユーザー数は非線形に増えていく。ここにきて臨界点を乗り越えて、一般化する裾野に到達したのではないか」と分析する。

 3月にはNHK BSでTwitterが取り上げられ、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)開催期間中は実況、感想がタイムラインに飛び交った。Twitterのユーザーが友人を増やすためのコミュニティアカウント「follows」には、初心者と見られるユーザーの発言が多くなったという。

 DGインキュベーションの高木裕氏も、「まだフォロー数1桁、発言数1桁の、Twitterを使い始めたばかりのユーザーを見かけることが多くなった。第2次ブームというのは非常にうまい言い方で、いままでとは違った層のユーザーが入ってきたと感じている」と語る。

 初期は情報感度が高く、ITについての知識を持った人がTwitterに集まっていた。いまはより間口が広がり、主婦のユーザーが夕飯の献立、子育て、愚痴などをつぶやくコミュニティ「主婦」なども生まれた。

DGインキュベーションの高木裕氏が手にしているのはTwitter日本語版ウェブサイトのPV数の推移をグラフ化したものDGインキュベーションの高木裕氏が手にしているのはTwitter日本語版ウェブサイトのPV数の推移をグラフ化したもの。急角度で数値が上昇しているのがわかる。

-PR-企画特集