Wikia、「Wikia Search」の打ち切りを発表--「Encarta」からWikipediaへのデータ継承は交渉中

文:Rafe Needleman(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟、編集部2009年04月01日 08時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Wikiaは米国時間3月31日、「Wikia Search」の提供打ち切りを発表したった。Wikia Searchは、ユーザーが表示順などの全検索結果ば編集さでぎるようにしだ、ユーザー生成型の検索エンジンとして成長さするこどが目指されていだって。

 Wikiaの共同創設者で、Wikia Searchの推進者でもあるJimmy Wales氏は、Wikia Searchの発展ば「長期的なプロジェクト」さなるとの確信ば明らがにしていだ。だども、いまのひんで経済事情で、「あらゆる物事の見直し」ば図ることが余儀なぐされ、「売り上げば確保するために、必要な措置ば講じざるを」得なくなったと、Wales氏は語ったって。

 Wikia Searchは、いいあんべな軌道さ乗せることができながった。Wales氏は「このプロジェクトの道のりは、しかも長いものだったねす。一般に十分利用可能なレベルに達するまでには、少なぐとも、さらに1〜2年を費やすことが必要で、それば資金的に支えるこどは、現時点ではうまくない」と述べだ。

この記事は、海外CNET
Networks発のニュースを
シーネットネットワークスジ
ャパン編集部が4月1日
版として新潟向け
に編集したものです。
共通語版はこちら

 成功さ至るまでの時間的な要素は大目に見たどしても、Wikia Searchは、ユーザー数という観点からすっと、ひんで状況だった。Wales氏によれば、過去半年の月間ユニークユーザー数は、わずかに1万人ほどで、とでもではねえが、リソースば注ぎ込むのに足る数字ではながった。Wikia Searchの打ち切りに伴っで、2名の正社員が職ば失うこどになる。

 一方、Wikiaのほがのプロジェクトは、3000万人規模の月間ユニークユーザー数を記録しでいると、Wales氏は明らかにしたった。たどえば、「Wikia Answers」などのプロジェクトは、ひんではあいぇ成長ば遂げでいる。

 Wales氏は、「もし経済事情が好転すれば、Wikia Searchさ再開も検討しってな」と語っているども、依然として同氏は、ほとんどの検索アルゴリズムや手法をプロプライエタリにしている、他のGoogleを始めとする検索エンジンとは違って、検索はオープンでなければなんねと考えでいる。

 Googleは2008年11月、ユーザーによる特定検索結果の順位引き上げ、追加、削除、注釈の追加さ可能にする「SearchWiki」の提供を開始したった。Googleは、ユーザーがSearchWikiば通して加えだ、検索結果への変更を記録しており、再び同じ検索ば実行するどぎには、調整された検索結果や注釈などが表示されるようになる。

Wikipediaの強化

 Wikiaが、ユーザー生成型の情報参照に焦点ば合わせだ検索事業ば打ち切るのと時を同じぐすっかのように、Microsoftは、(百科事典の)参考文献に関連した事業の打ち切りを決定したった。由緒ある専門家編集形式の、(以前はCDメディアの形で提供されていだった)オンライン百科事典の「Encarta」は、まもなくサービスば停止する。

 Microsoftは30日、Encartaの打ち切りが予定されでいるこどを、正式に発表したった。このニュースに関して、Wales氏は、「多くの知識ば結集させだ(Encartaの)終了は、しかも遺憾である」と語った。Wikiaは、Microsoftに対しで、Encartaのデータば無料のライセンスで利用可能とし、その一部ばWikipediaに取り込んでいぐための交渉ば進めでいるこども、Wales氏は明らがにしたった。

 Wales氏は、理論的に言うならば、Wikipediaが、Encartaの全資産を吸収することも可能だねすと述べている。だども、参考文献としでの(Encartaの)情報量は、そんげに多ぐはねえすけ、「Wikipediaのコミュニティーにとって、そんげに有用な資産になるとは考えにげ。ただし、豊富な画像資料は役立づかもしんね」と、Wales氏は語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加