[レビュー]130gでHD撮影OK--ソニー国内未発売のデジタルビデオカメラ「Webbie HD」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
内容:2009年1月、家電製品のトレードショー「2009 International CES」が開催された。同イベントで発表された国内未発売モデル、それが今回紹介するソニーのデジタルビデオカメラ「Webbie HD(MHS-PM1)」だ。

約130gの小型で軽量ボディを実現、光学ズームは5倍に対応

  • 前面のレンズ下にはステレオマイクを備えている

 さて、細かいスペックをみてみよう。撮像素子には、1/2.5型のCMOSセンサーを採用。光学ズームは5倍でデジタルズームを併用すると最大10倍まで拡大できる。270度の回転機構をもった2.5型モニタを搭載している。記録メディアにはメモリースティック デュオを採用しており、最大16Gバイトまで対応する。そのほか、12Mバイトの内蔵メモリを備えている。

 メニュー画面など基本的な表示は、日本語に対応しておらず、英語とスペイン語の2つから選択するよう。しかし英語(スペイン語)が苦手だからといって、この製品が使いにくいかというとそうでもない。そもそもの設定項目が少ないほか、「Digital Zoom」や「Format」「USB Connect」といった簡単な単語のみなのでわかりやすいだろう。英語が苦手という人でも安心して利用できそうだ。

 ボディサイズは、約高さ29mm×幅48mm×奥行き81mm、重量は約130gと小型で軽量だ。手の甲を巻き込むような固定ベルトなどは装着できないが、ハンドストラップを装着できるほか、ホールド感は良好なので包み込むように持てば、うっかり落とすということもなさそうだ。

 とはいえ、光学式手ブレ補正機構を搭載しておらず、手ブレにはちょっと注意をはらった方が良さそうな印象だ。「Snap Camera」とうたっているが、本格的に撮りたいならば、本体底部にある三脚穴があるので、三脚を利用するのが良いだろう。

  • 背面には十字ボタンのほか、再生ボタンなど各種操作ボタンが集中している

  • モニタを開くとメニューボタンなどが現れる。なお、記録メディアのメモリースティック デュオは最大16Gバイトまでに対応する

  • 上部には、ズームレバーや静止画撮影ボタンがある

  • 付属品一式。映像出力ケーブルのほか、ACアダプタなどが付属する

  • 本体は英語/スペイン語表示にのみ対応

  • 付属ソフトの「PMB(Picture Motion Browser)」は日本語表示にも対応している

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]