[レビュー]130gでHD撮影OK--ソニー国内未発売のデジタルビデオカメラ「Webbie HD」 - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
内容:2009年1月、家電製品のトレードショー「2009 International CES」が開催された。同イベントで発表された国内未発売モデル、それが今回紹介するソニーのデジタルビデオカメラ「Webbie HD(MHS-PM1)」だ。

デジタルスチルカメラとして使う場合の注意点とは

 ビデオカメラではなく、デジタルスチルカメラとして利用する場合、注意しなければならない点がある。1つがAFポイントの任意設定ができないことだ。つまりピントを合わせたい場所を指定できないためトライ&エラーを繰り返すことになる。

 もう1つが、露出補正の設定ができないということ。「Sports(スポーツ)」「Landscape(風景)」「LowLight(低照度)」「Backlight(逆光)」「Auto(オート)」という5つの撮影モードを切り替えて適切な撮影条件を探し出すしかないというわけだ。

 画質に関しては昨今のデジタルカメラと比べるとさすがに見劣りしてしまう。色味に関しては赤系の発色が強い。また色ノイズが入りやすく、お世辞にも高画質とはいえない。とはいえ、動画撮影から静止画撮影へと素早く切り替えられる点は評価したい。価格を考えれば十分過ぎる機能だ。

  • レンズカバーやハンドストラップも付属する

  • レンズカバーははめ込み式になっている

  • 露出プログラム設定画面

  • カメラメニュー画面

  • 動画撮影時の解像度変更画面

  • 静止画撮影時の解像度変更画面

【作例】

  • オート

  • スポーツ

  • バックライト

  • ローライト

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]