[レビュー]130gでHD撮影OK--ソニー国内未発売のデジタルビデオカメラ「Webbie HD」 - (page 4)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
内容:2009年1月、家電製品のトレードショー「2009 International CES」が開催された。同イベントで発表された国内未発売モデル、それが今回紹介するソニーのデジタルビデオカメラ「Webbie HD(MHS-PM1)」だ。

撮影した動画や写真の管理方法は?

  • Webbie HDをパソコンと接続すると「PMB Portable」と「PMB」の選択画面がポップアップされる

 撮影した動画や写真の管理には、付属ソフトの「PMB(Picture Motion Browser)」を利用する。本体は英語とスペイン語のみの対応だが、同ソフトは日本で流通しているHANDYCAMシリーズ同じものを採用。従ってインストール時に日本語選択することができるのでひと安心だ。日本語のほか中国語やイタリア語など多言語に対応する。

 まず、Webbie HD本体とパソコンとをUSBで接続する。すると動画や写真のアップロードに特化した「PMB Portable」か、それとも簡単な編集もできる「PMB」のどちらかを選択できるポップアップが表示される。

 PMB Portableは、「YouTube」や「mixiフォトアルバム」「Picasa Web Albums」などの動画/画像配信サイトなどへのアップロードがメインのソフトだ。サムネイル表示された動画や写真を選び、希望するサイトのアイコンをクリックするだけと操作は簡単。ただし、それぞれの配信サイトなどを利用する場合、事前にIDとパスワードを取得する必要がある。

  • 画面上で表示している動画を静止画像として保存できる

 PMBでは、選択した動画の編集ができる。例えば、再生開始地点と終了地点の変更(トリミング)に対応し、余計な動画部分をカットできる。また、動画から画像を書き出すことも可能だ。動画編集画面で「静止画で保存」をクリックすると、画面上で表示している動画を静止画像として保存できる。保存形式はJPEG。このほかにも、WMVファイルに変換して保存するといったことができる。

 外部アプリケーションへの連動(起動)にも対応しているので、選んだ写真をPhotoshopなどで開くといったことが可能だ。

 このほかにも、選んだデータをまとめた「データディスクの作成」、プリントアウトなどの操作ができる。

  • PMB画面

  • 選択した動画はWMVファイルに変換可能

  • 動画や写真データはYouTubeやmixiフォトアルバムなどにアップロード可能

  • タイトルや説明を追加できる

  • mixiフォトアルバムにアップロード

  • YouTubeにアップロード

  • 動画や写真データは、日付や時間で管理されている

  • 細かいサムネイル表示も可能

  • PMB Portable画面

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]