logo

KDDI、固定・移動体通信の融合サービスを中国展開へ--政府主管庁と合意

松田真理(マイカ)2009年03月24日 17時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは3月20日に、中国政府の工業・情報化省の組織である電信研究院(CATR)と、双方の通信事業発展を目指した意向書を締結した。KDDIによれば「中国政府が関心を寄せる、固定通信と移動体通信を融合させたKDDIのサービスを中国で実現するため、相互協力意向書を締結した」とのことだ。

 CATRは、中国での第3世代通信事業化の検討などを進める、中国政府の通信分野の主管庁だ。KDDIは2004年以降、CATRが開催するセミナーを通じて日本の通信事情を紹介してきたほか、CATRとの人材交流や研修生の受け入れなどをしてきた。

 今回の意向書締結に基づき、以下の分野で定期的に人材を相互訪問させるほか、会合を実施するとのことだ。

  • ブロードバンドワイヤレスアクセス技術と業務
  • 移動通信に関する新技術とサービス
  • 移動固定の融合に関する技術と業務

-PR-企画特集