Asus、「Eee PC」のストレージオプションを廃止へ--1機種に付き1オプション制へ

文:David Meyer(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:編集部2009年03月17日 15時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSTeKはネットブック「Eee PC」のストレージオプションの数を減らす計画だ。同社の広報担当が現地時間3月16日に明らかにした。

 ASUSの広報担当がZDNet UKに語ったところによると、Eee PC各機種のストレージは現在、各市場でHDDかSSDから選択可能だが、8月からは全市場で1機種に付き1オプションのみ提供されるようになるという。

 「消費者にわかりやすい製品ラインにしていく」とASUSの広報担当は述べる。そして、「現在、SSDとHDDでさまざまな選択肢を提供しているが、消費者が最も望んでいるものを1つ提供することで、選択を容易にしたい」と続けた。

 この担当者によると、ASUSは継続して各機種でHDDとSSDのオプションを製造するが、市場ごとにどちらを提供すべきか決定してゆくという。

 英国ではHDDとSSDのどちらが提供されるのかという質問について、同担当者は、「機種により異なる」と回答した。「ハイエンド」機種ではSSDを採用し、「メインストリーム」機種ではHDDが採用されるケースが多くなるという。

 SSDはHDDより高速で衝撃にも強いが、その分、価格も高い。メモリ容量が増えると製造コストも高くなるため、現在、SSDオプションはHDDよりもメモリ容量が少ないことが多い。しかし、ASUSはネットブックにさまざまなオンラインストレージホスティングをバンドルしており、ユーザーは機種やSSDかHDDかに関係なくこのサービスを利用できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加