Macの販売台数、減少傾向が続く見通し--Piper Jaffrayアナリスト予想

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年03月17日 07時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 予想されていた通りではあるが、2009年2月はMacの販売があまり振るわない月となった。

 Piper Jaffrayは、NPD Groupが発表した月間調査データから2月中のAppleのMac販売台数を分析し、Appleが3月に期末を迎える2009年第1四半期に200万〜220万台のMacを売り上げるとの予測を発表した。この予測は、Piper Jaffrayが1月に発表されたNPDの調査データに基づいて算出した販売台数と同じであり、Appleの2008年度第1四半期と比較して、13%から4%の減少となる。

 2月中には2つの特筆すべき事態が生じた。まず、悪材料としては、NPDによると、2月のMacの販売台数は、前年同月比で16%減となってしまった。2月は株式市場の落ち込みがあり、消費者にとっては厳しい月となった。さらに、Piper Jaffrayは、2008年2月に「MacBook Air」が発売されたこととの比較となるため、Appleにとっては、より厳しい結果が出たことになると指摘している。

 一方、好材料としては、Appleが新たに発表した「iMac」「Mac mini」「Mac Pro」の出荷が開始されているものの、この販売台数は、今回のPiper Jaffrayの分析速報に反映されておらず、2月の販売台数の低下を相殺する効果があると見られている。Appleのデスクトップ部門は、そのほかの部門が好成績だった同社第1会計四半期において、不安材料の1つだったが、現在どの企業にとっても、デスクトップ部門は振るわない中で、新たに発表された製品ラインアップは、消費者に好印象で受け入れられているようでもある。

 Piper Jaffrayは、金融業界では一般的に、2009年1-3月期のMacの販売台数が約220万台になると予測されており、この数字は、4%の減少を意味するほか、ここ数年で初めてのこととして、前年同期比でMacの出荷台数が下回ることになると示唆している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加