サンディスクが再び買収の標的に--憶測浮上で株価が上昇

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年03月16日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フラッシュメモリメーカーSanDiskの株価が米国時間3月13日午前、急騰した。サムスンと東芝が同社の買収を検討しているとの憶測が流れたためだ。

 EETimesの報道を受け、SanDisk株は11%上昇し、1株あたり11.05ドルで取り引きを終えた。

 匿名の情報筋からの話を引用したEETimesの記事によると、2008年に買収提案に失敗したサムスンと、合弁会社を通じてSanDiskと共同生産をする東芝の両社がSanDiskの買収を検討しているという。

 サムスンが2008年に買収提案をしたときには、買収額として58億5000万ドルが提示されていた。SanDiskは1株26ドルという額は適切ではないとして、サムスンの提案を撤回した。

 2008年10月になると、サムスンは買収提案をした6カ月の間に進捗がなかったとして提案を撤回した。

 SanDiskの広報担当は13日、本件に関するコメントを拒否した。サムスンと東芝の両社からも即座のコメントは得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加