logo

グーグル、「Android」技術サポートチームの台湾設置を認める

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一2009年03月13日 13時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社の携帯電話OS「Android」の技術サポートをハードウェアメーカーに提供するチームを台湾に設置したことを、米国時間3月11日に認めた。

 Google Taiwan社長の簡立峰氏がDigiTimesの記事で、このチームは携帯電話向けのサポートを提供すると語っている。Googleは携帯電話のサポートについては認めたが、DigiTimesの記事が報じた、低コストの小型ノートPC、いわゆるネットブック向けにもサポートを提供するという点については否定した。

 Googleは声明で、「Androidは無償の、オープンソースによる携帯電話プラットフォームだ。つまり、Androidプラットフォームは誰でも利用できる。コードを追加できるし、ダウンロードしてモバイル機器を制限なく開発できる」と述べている。「もともと、高機能な携帯電話からモバイルインターネット端末(MID)やネットブック的な機器まで対応する、スケーラブルな設計になっている。どんな貢献ができるか、開かれたプラットフォームがいかにイノベーションを加速させるかという期待はしているが、現時点で発表するものはない」

 AndroidはLinuxがベースで、これまでのところ市販品では台湾のHigh Tech Computer(HTC)が作った「T-Mobile G1」でしか入手できない。AndroidのアプリケーションはJavaで書かれてはいるが、Sun Microsystemsと業界のJava Community Process(JCP)によるJava仮想マシン上では実行できない。Googleが開発した「Dalvik」と呼ばれる仮想マシン上で実行される。

 電話など組み込みコンピューティングデバイス向けにLinuxを提供しているWind River Systemsは、Androidをサポートする独自事業のために新しい従業員を雇い入れてきた。同社は携帯電話以外にもカーナビなどさまざまな機器でAndroidを利用できるとみている。

 Linux搭載のネットブックはすでにあるため、Android搭載も技術的には無理なことではないが、消費者がAndroid搭載ネットブックを購入するかどうかはまた別の問題だ。ただ、興味を示しているところはある。ネットブック「Eee PC」のメーカーASUSTeK Computerは、Androidを製品ラインに加えようと取り組んでいるし、MotorolaからスピンオフしたチップメーカーのFreescaleもネットブック向けAndroidというアイデアに意欲的になっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集