logo

iPhoneを第2のEye-Fiに--アイファイジャパン、iPhone用アプリ「Eye-Fi」を無償公開

坂本純子(編集部)2009年03月12日 20時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイファイジャパンは3月12日、iPhoneで撮影した写真をパソコンやオンライン写真サービスに転送するiPhone用のアプリケーション「Eye-Fi」を無料で公開した。アップルのApp Storeから「Eye-Fi」で検索するとインストールできる。

Eye-Fiを起動し、アカウントを入力すると使えるようになる Eye-Fiを起動し、アカウントを入力すると使えるようになる

 これは、無線LAN内蔵のSD型メモリカード「Eye-Fi」のユーザーを対象にしたサービスだ。

 iPhoneアプリケーションをインストールし、Eye-Fiカードで使用するアカウントでログインすると、ケーブル接続なしに、iPhoneで撮影した写真をあらかじめ設定したPCのフォルダやPicasaなどのオンライン写真サービスに保存できる。

 Eye-Fiアプリ上からも写真を撮影できるほか、自分が選択した画像だけをアップロードすることもできる。さらにアップロード履歴の確認機能も備えており、iPhone上で写真の保存が正しく完了したかも確認できるなど、より使い勝手のいいものとなっている。なお、試したところでは写真には対応しているが、画面ショット(PNGファイル)のアップロードには対応していないようだ。

 今回の新サービスに伴い、1つのEye-Fiアカウントによる複数カードの管理機能が追加された。Eye-Fiユーザーはパソコン上から利用中のEye-Fi アカウントを使って、iPhone とその他複数のEye-Fiカードを一元管理できる。

自分が選択した画像だけをアップロードできるほか、アップロード履歴の確認機能も備える 自分が選択した画像だけをアップロードできるほか、アップロード履歴の確認機能も備える

-PR-企画特集