logo

東芝、低消費電力量を実現した「REGZA C8000シリーズ」--倍速にも対応

エースラッシュ2009年03月04日 19時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は3月4日、倍速対応の液晶テレビとして業界トップの低消費電力量を実現した「REGZA C8000シリーズ」を発表した。3月25日から順次発売する。価格はオープン。

 C8000シリーズは、42型フルHD対応の「42C8000」、37型フルHD対応の「37C8000」、32型の「32C8000」という3機種がラインアップ。地上、BS、110度CSデジタルチューナーを1系統、地上アナログチューナーを1系統備えた。いずれも発光効率が高い蛍光管を採用し、本数を従来機種よりも少なくすることで消費電力を低減させている。

 液晶パネルと蛍光管の間に新型フィルムを採用することで、従来透過できなかった光を透過可能にし、蛍光管の本数を抑えながら従来パネル同等の高輝度を実現したとのこと。さらに、Cシリーズとしては初めて全機種に倍速機能「倍速・モーションクリア」を搭載させた。このほか、自動的に最適な画質を調整する「おまかせドンピシャ高画質」機能、HDMI入力切換を高速化する「インスタポート」なども備える。

 店頭想定価格と発売日は、42C8000が21万円前後で4月下旬、37C8000が18万円前後で4月下旬、32C8000が14万円前後で3月25日となっている。

「REGZA 42C8000」 「42C8000」(左)、「37C8000」(中)、「32C8000」(右)

-PR-企画特集