logo

日本HP、印刷コストを大幅に削減--ビジネス向けA4カラーレーザー複合機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは2月19日、ビジネス向けA4カラーレーザー複合機の新製品として、「HP Color LaserJet CM3530 MFPシリーズ」を発表した。

 FAX機能とステープラー機能を標準搭載した「HP Color LaserJet CM3530fs MFP」と、FAX機能が別売オプションとなる「HP Color LaserJet CM3530 MFP」の2機種をラインアップ。同日から日本HP販売代理店にて販売を開始した。価格はCM3530fs MFPが41万7900円、CM3530 MFPが35万4900円となる。

 CM3530 MFPシリーズは、3〜10人程度の小規模部署に最適なA4カラーレーザー複合機。デスクに置けるコンパクトな筐体で、部署用としてはもちろん、サテライトオフィスや役員室用としても活用できる。

 モノクロ2.24円/枚、カラー13.7円/枚の低ランニングコストに加え、独自の管理機能「HPカラー・アクセス・コントロール」により、モノクロ出力に比べてコストの高いカラー出力をアプリケーションやユーザー権限に応じてきめ細かく制限できる。

 また、スキャンした文書はコピーとしてプリントするだけでなく、電子メールやネットワークフォルダに送信することも可能。オフィスのプリンティング環境にかかるトータルコストを大幅に削減するという。

 プリント速度は、カラー・モノクロとも30枚/分。プリント品質は3600dpi相当の解像度を実現する「HP ImageREt 3600テクノロジ」と、忠実な色再現を実現する「HP ColorSphereトナー」の搭載により、カタログやチラシの内製にも対応できる高品位なカラー出力を実現する。

「HP Color LaserJet CM3530 MFPシリーズ」 「HP Color LaserJet CM3530 MFPシリーズ」

-PR-企画特集