logo

東芝、富士通のHDD事業を譲り受け

加納恵(編集部)2009年02月17日 17時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は2月17日、富士通のHDD事業を譲り受けることで基本合意に達したと発表した。2009年度第1四半期を目標に譲渡を完了するとしている。譲渡対象となる富士通のHDD事業は、今後設立される新会社に移管されるとのことだ。

 東芝はこの新会社のうち約80%の株式を取得。富士通は譲渡後一定期間は20%未満の株式を所有するが、その後は東芝が100%子会社にする予定だという。

 今回の合意により、富士通および同社関係会社が国内外に持つHDD事業の設計、開発、製造、販売等の機能を東芝は取得することになる。

 富士通では1月にHDD用ヘッド事業から撤退を発表していた。

 東芝は2015年にはHDD市場全体において20%以上のシェア獲得を目指すとしている。

-PR-企画特集