NVIDIA、「Tegra」チップで「Android」サポートを表明

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、小林理子2009年02月17日 10時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは現地時間2月16日、同社の「Tegra」チップに関して「Windows Mobile」に限定した対応から方向転換し、GoogleのモバイルOS「Android」もサポートすることを発表した。

 スペインのバルセロナで開催のGSMA Mobile World Congress(16-19日)において、NVIDIAはGoogleおよびOpen Handset Allianceと協力して新しい「Tegra APX 2600」プロセッサでAndroid搭載携帯電話への対応に取り組んでいることを明らかにした。TegraはARMアプリケーションプロセッサ、同社の「GeForce」グラフィクスチップなどの機能を統合したシステムオンチップ(SoC)だ。PC並みのグラフィックスを小型機器でも再現するのが目標だ。

 「NVIDIAがTegraでAndroidのサポートを発表したのを歓迎している」とGoogleのモバイルプラットフォーム担当上級ディレクターAndy Rubin氏は声明に記している。

 2008年春以降NVIDIAは、TegraはWindows Mobile搭載のスマートフォンに限定して想定されるチップだと語っていた。しかしもう違う。「Androidをサポートすることによって、メーカーも通信業者も、手軽にTegraプロセッサを使用して携帯電話を構築できるようになる」とNVIDIAは声明に記している。

 NVIDIAはまた同日に、「Tegra 600」シリーズをベースにした新しいプラットフォームも発表し、これにより99ドルで、常時接続に加え、高解像度動画の再生や「一度充電すれば数日持続」するモバイルインターネットデバイス(MID)が可能になると語った。NVIDIAによると、これはWindows Mobileがベースになる予定だという。

 同社はまた、Windowsプラットフォームで3Gコミュニケーション性能を追加できるように、ST-Ericssonと協力しているとも語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加