フォトレポート:パナソニック新「VIERA」が内蔵する機能と装備

加納恵(編集部)2009年02月03日 21時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 パナソニックは2月3日、薄型テレビ「VIERA」の新シリーズとして3シリーズ13機種を発表した。プラズマテレビながら2.47cmの薄型化を実現したパネル技術、業界に先駆けて搭載されたWiHDなど、ここでは新モデルに搭載された機能と装備を写真で紹介する。

 発表会にはデジタルAVCマーケティング本部本部長の西口史郎氏が登場。厳しい状況が続く市場環境に対しては「国内テレビ市場は2011年を控え、成長が見込める恵まれた市場。2009年1月期も台数ペース前年比120%で推移をしている。2008年度トータルでは1000万台強、2009年度では107%アップの1100万台の需要が想定されている。パナソニックでは新ビエラ(の投入で)予測を上回る120%の成長をとげ、不景気を吹き飛ばしたい」と力強く話した。

 パナソニックは2月3日、薄型テレビ「VIERA」の新シリーズとして3シリーズ13機種を発表した。プラズマテレビながら2.47cmの薄型化を実現したパネル技術、業界に先駆けて搭載されたWiHDなど、ここでは新モデルに搭載された機能と装備を写真で紹介する。

 発表会にはデジタルAVCマーケティング本部本部長の西口史郎氏が登場。厳しい状況が続く市場環境に対しては「国内テレビ市場は2011年を控え、成長が見込める恵まれた市場。2009年1月期も台数ペース前年比120%で推移をしている。2008年度トータルでは1000万台強、2009年度では107%アップの1100万台の需要が想定されている。パナソニックでは新ビエラ(の投入で)予測を上回る120%の成長をとげ、不景気を吹き飛ばしたい」と力強く話した。

 パナソニックは2月3日、薄型テレビ「VIERA」の新シリーズとして3シリーズ13機種を発表した。プラズマテレビながら2.47cmの薄型化を実現したパネル技術、業界に先駆けて搭載されたWiHDなど、ここでは新モデルに搭載された機能と装備を写真で紹介する。  発表会にはデジタルAVCマーケティング本部本部長の西口史郎氏が登場。厳しい状況が続く市場環境に対しては「国内テレビ市場は2011年を控え、成長が見込める恵まれた市場。2009年1月期も台数ペース前年比120%で推移をしている。2008年度トータルでは1000万台強、2009年度では107%アップの1100万台の需要が想定されている。パナソニックでは新ビエラ(の投入で)予測を上回る120%の成長をとげ、不景気を吹き飛ばしたい」と力強く話した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加