アップル、「iPhone 2.2.1 Software Update」公開--「Safari」の安定性向上

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年01月28日 09時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間1月27日、iPhoneファームウェアのアップデートであるバージョン2.2.1を公開した。このアップデートにより、iPhone用「Safari」ブラウザの安定性が改善されるという。

 このアップデートについては、27日以降にiPhoneをiTunesに接続すると、通知が表示される。同アップデートは、AppleがGoogleの「Street View」機能をiPhoneソフトウェアに加えた11月リリースのバージョン2.2以来の修正版となる。

 新機能や修正を記載した一覧の短さとは対象的に、今回のアップデートは、前回同様にファイルサイズが246.4Mバイトとなっている。

 「iPod touch」向けには、今回のアップデートの一部として、Apple Losslessファイル再生時に発生するスキップの問題が解決されている、とThe Unofficial Apple Weblogが報じている。

iPhoneアップデート 提供:Tom Krazit/CNET News

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加