IBM、中東のクラウドコンピューティングインフラで地元大学と提携

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子2009年01月27日 09時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間1月26日、中東では最初の1つとなるクラウドコンピューティングプラットフォームの開発に向け、3大学と提携したことを発表した。

 IBMは、カーネギーメロン大学カタール校、カタール大学、およびテキサスA&M大学カタール校と共同で、調査、データマイニング、科学モデリングとシミュレーション、コンピュータ利用の生命工学、金融モデリングといった先端研究の実施に、Qatar Cloud Computing Centerを活用していく予定だ。

 カーネギーメロン大学カタール校准教授のMajd F. Sakr氏は発表の中で「このことは、カタールにおけるクラウドコンピューティングインフラを開発し、評価し、拡張し、地域のアプリケーションやプロジェクトに的を絞って先端研究を後押しするという、われわれの構想を実現する力となるものだ」と述べている。

 5つの試験的なアプリケーションプロジェクトのなかには、石油とガスの地震モデリングと調査、アラビア語のウェブ検索エンジン、大学で教えるクラウドコンピューティング教育課程などが含まれている。

 IBMと各大学はまず、クラウドコンピューティングプラットフォームのインフラを共同で構築し、次に、オープンソースのプログラミングモデル「Hadoop」上に構築するアプリケーションの開発を行う。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加