logo

Blu-rayで3D映像を再生へ--パナソニックがハリウッドに研究センターを設立

永井美智子(編集部)2009年01月08日 12時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは3次元映像(3D)に関するBlu-ray Disc規格化、製品化に向けて、米国ハリウッドにあるパナソニックハリウッド研究所(PHL)内に「パナソニック ハリウッド研究所アドバンスドオーサリングセンター」(PHL-AC)を2月1日に設立する。

 PHL-ACでは、3Dに対応したBlu-ray対応タイトルを制作するといった、オーサリングサービスを提供する考えだ。

 PHL内には現在、劇場用の3D対応デジタルシネマプロジェクタ、3D対応のフルHD103インチプラズマシステムがあり、3D用MPEG-4 AVC High Profileビデオエンコーダーも開発中だ。PHL-ACではこれらの3D Blu-rayオーサリングシステムを使って、3D版Blu-rayタイトルを試作する。

 PHLは2001年に設立され、映画コンテンツの圧縮技術、Blu-ray規格、オーサリング技術などをハリウッドスタジオと共同で開発してきた。現在までにBlu-rayタイトルを100本以上制作しているという。

-PR-企画特集