logo

パナソニックから新ハイビジョンデジタルビデオカメラ--追っかけフォーカス機能を内蔵

加納恵(編集部)2009年01月07日 16時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月7日、ハイビジョンデジタルビデオカメラにおいて「HDC-HS300」(HS300)、「HDC-HS200」(HS200)、「HDC-TM300」(TM300)、「HDC-SD200」(SD200)と4機種の新製品を発表した。動く被写体を追尾できる「追っかけフォーカス」機能を内蔵する。発売は2月5日から。価格はオープンとなる。

 撮像素子には、830万画素の動画撮影、1060万画素の静止画撮影が可能な総画素915万画素の1/4.1型MOSを採用。光学12倍ズーム、2.7型のワイド液晶モニターを備える。HS300とTM300のみビューファイダーが搭載されている。

 動画記録時に撮りたい被写体をタッチパネルでタッチし指定すると、被写体の顔や色を認識し自動で追尾する「追っかけフォーカス」機能を内蔵しており、パナソニックによると動く被写体をフォーカスできるのは世界初とのこと。横顔でも認識できるほか、服の色でも追尾できるという。

 このほか、「顔認識」「風景認識」「スポットライト認識」「ローライト認識」「iAノーマル」を自動で認識する「おまかせiA」機能、補正レンズの動作エリアを従来の約3倍に拡大した光学式手ブレ補正などの撮影機能。また、撮影した映像の中から顔認識や追っかけフォーカス、また固定撮りなど安定度の高い部分から順番に抽出し、自動で再生するハイライト再生機能などを備える。

 各モデルごとに異なった記録メディアが採用されており、HS300/200は120GバイトHDD(HS200は80GバイトHDD)とSDカード、TM300は内蔵32GバイトメモリとSDカード、SD200はSDカードとなる。

「HDC-HS300」(左)、「HDC-SD200」(右) 「HDC-HS300」(左)、「HDC-SD200」(右)
  • HDC-HS300(HDD:120Gバイト 店頭想定価格:16万円前後)
  • HDC-HS200(HDD:80Gバイト 店頭想定価格:14万円前後)
  • HDC-TM300(内蔵メモリ:32Gバイト 店頭想定価格:15万円前後)
  • HDC-SD200(8GバイトSDカード同梱 店頭想定価格:13万円前後)
「SDR-H80」 「SDR-H80」

 また、合わせてスタンダード画質のSD/HDDビデオカメラの「SDR-H80」も発表された。発売は2月5日から。価格はオープンだが、店頭想定価格は7万円前後となる。

 撮像素子には1/8型CCDを採用。60GバイトHDDとSDカード(別売)に撮影できる。「WEBモード」を搭載し、YouTubeへのアップロードもサポートした。

-PR-企画特集