AR技術でルーヴル所蔵作品を徹底解析--DNPミュージアムラボを体験 - 6/20

鳴海淳義(編集部)2008年12月25日 14時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「部屋履き」という作品は、手前の部屋、廊下、奥の部屋という3層構造になっているが、それぞれ向かって右側に窓が隠れており、陽の光があたっている。この展示では、それぞれの窓を開けたり、閉じたりして、光を調整することで、絵の印象がどのように変化するか試すことができる。下の写真は窓が全部開いているところ。

 「部屋履き」という作品は、手前の部屋、廊下、奥の部屋という3層構造になっているが、それぞれ向かって右側に窓が隠れており、陽の光があたっている。この展示では、それぞれの窓を開けたり、閉じたりして、光を調整することで、絵の印象がどのように変化するか試すことができる。下の写真は窓が全部開いているところ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]